FC2ブログ

Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Drive11月の第四木曜はアメリカではThanksgiving Dayになり、その前後を含めて休暇シーズンとなる。多くのビジネススクールの友人はそれぞれの実家に飛行機で飛んで帰り、家族とThanksgiving Dayを過ごす模様だ。ビジネススクールは、この1週間丸々授業がなく、リクルーティングイベントがたくさんあるものの、実質的な休みになる。これまで睡眠不足に苦しまされていただけに、本当にうれしい!

Stanfordも秋色が深まってきた。とはいえ、ここは西海岸。11月の下旬であっても昼間の太陽は強く、長袖では暑いと感じるほど暖かい。(ただし半そでだと、日陰に入ると寒く感じることもあり、調整が難しい。。。)今朝は、最近調子の悪い愛車BMWのヘッドランプの修理を試みてみた。どうやら左のヘッドランプのソケットの接触が悪いみたいで、たまにヘッドランプが消えてしまう。バルブを取り出して見ても生きているので、いろいろといじってみるとまた点灯するようなことが続いていた。今朝はついに大工道具を取り出し、正常な右側のランプも取り出し比較しながら、接触不良の原因を究明。ソケット内である金具が緩んでいることを発見し、ペンチで絞め、接触しやすいように多少細工をしてバルブを取り付けてみた結果、見事に点灯!その後一日車を使ってみたが、どうやら完全に修理できた模様だ。

BMW技術・科学の世界は、本当に白黒がはっきりしていて楽しい。正解、不正解が分からない文系やビジネスの世界と異なり、YesかNoか、はっきり結果が出る。正誤の結果が明確だから、正解だった際の喜びも明確で爽快だ。比べてビジネスは、いかなる論理思考の背景にも思想や意図・利害関係が存在する。ビジネスにおける論理思考とは、真実を究明するためのデバイスというよりは、目的と達成するためのツール、物事を伝えるためのツールである側面が大きいと思う。昔から数学や理科は好きな方だったが、気がつくとビジネスという厄介な方向に来てしまったなぁなどと思う。(笑)

さて、車を修理した後は、大学近くのStanford Shopping Centerに家具を買いに行く。秋晴れのキャンパスを愛車の窓を全開にしながら「オープンカー気分」を満喫しつつ、自宅用の照明を購入。ソファーで読書をする際に、いつも手元が暗いのが気になっていたので、やや日本風の温かみのある照明を購入した。これでソファーでの読書も効率&満足度アップだ。さて、22日の来るThanksgiving Dayには、アメリカ人の友人の自宅にお呼ばれしている。「1960年代から時代が止まっている家族だ」と彼が言うほど、古風な一家らしいので、アメリカ文化経験としてとても楽しみだ。

・・・・という訳で、久々に自分の時間を持ってのんびりした休日の、たわいもないレポートでした。この休日は、たまった読書を沢山こなすぞ!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/59-3bb3a3cb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。