FC2ブログ

Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
授業が本格に的に始まって一週間が経った。ここで、スタンフォードのキャンパスを簡単に紹介したい。一言で言うと、とにかく広くて、緑の芝生と、赤茶色のロマネスク様式の建物が印象的なキャンパスだ。所有地の広さでは世界一の大学だと友人から聞いた。余っている土地は商業施設などに貸し出したりして活用しているとのこと(前に触れたStanford Shopping Centerも大学が敷地を貸している)。

Palm Driveに続く正門Palm Drive

大学から見たPalm Drive大学のいわゆる”正門”は、Palo Altoのダウンタウンのすぐ隣にある。サンフランシスコ、サンノゼをつなぐCal trainという電車のPalo Alto駅のすぐ目の前だ。そこの正門をくぐると、名物の”Palm Drive”が延々と続く。2キロ弱の直線にわたって、道路の両脇に西海岸らしいヤシの木が連なっている。そのPalm Driveの先に、Stanfordのキャンパスが広がっている。(写真は左上がPalm Driveの入口の正門、右上がPalm Driveを車で走っているところ、左下がキャンパス側からPalm Driveを撮ったもの。)この長大なPalm Driveの存在(徒歩でキャンパスに入るのは困難)が、Stanfordを安全で洗練された、ただちょっと孤立した不思議な空間を演出していると思う。(これは誰でも簡単にアクセスできるBerkeleyとの大きな違い。)

キャンパスには、Palm Driveの突き当たりにPalm Driveと垂直に大きな通り(Serra Street)が走っており、これがメイン通りの一つとなっている。下の写真の左はSerra Streetの写真。右はPalm Driveの突き当たりにある中央広場(Main Quad)に続く小さな広場の写真だ。Serra Street中央広場、教会へと続く中庭
この中央広場をまっすぐ行くと、正面に巨大な教会がそびえたっている。この教会がまた大きい。一歩中に入ると、外の明るい太陽とキャンパスとは対照的に、ヨーロッパに来たかのような荘厳で静かな空間が広がっている。(写真下)教会の中


もう一つのシンボルがフーバータワー。フーバー大統領はStanfordの卒業生らしいが、彼の名をつけた、キャンパスを一望できるタワーだ。エレベーターで最上階に登ると、キャンパスおよびPalo Alto一帯を一望できる。
フーバータワーフーバータワーから見たキャンパス

さて、われらがビジネススクール(GSB)の建物は、このフーバータワーの近くにある。正直、美しいとは言えない古い建物だが、中庭を挟んで2棟が向かい合う形で構成されている。実際、来年度の学生からは現在建築中の新しいきれいな建物で授業を受けることになる模様で、われわれが旧世代GSB最後の世代(授業プログラムは今年から刷新されたので実際は過渡期。。。)となる模様だ。
ビジネススクール外観ビジネススクール外観
ビジネススクールの2階で勉強する学生
ビジネススクールの寮左の写真はビジネススクールの大半の人が住んでいる学生寮。入口にはヤシの木が立ち並び、中庭はイタリアのフォロ・ローマを思わせるような、地中海調の寮となっている。私は前にも書いたとおり、この寮に応募したのだが先着順の関係で落選してしまい、Escondido Villageという大学院生用の独身寮に入っているが、大学院生用の寮の中でもビジネススクール向けだけ特別に作られており、中も非常にきれいで豪華な印象だ。(どこの大学もビジネススクールだけお金がかかっているのは同じ傾向だと思うが。そのせいか、他の大学院生などと話をしていて、ビジネススクールだと言うとたまに冷やかされる。)

図書館そして図書館。図書館は複数個所に点在しているが、こちらは大きな2つの図書館のうちの1つ、Meyer Library。図書館だけ見ると、Berkeleyの方が規模の面でも設備の面でも上を行っている気がする。(Berkeleyの図書館は、2棟巨大なものが建っており、地下の巨大な書庫で2棟がつながっている。雰囲気もBerkeleyの方が荘厳な感じ。)

キャンパスのいたるところには、芝生や緑豊かな広場が用意されている。これまで勉強というものは湿った密室に籠ってするものとばかり思っていたが、ここの学生は太陽のもと、芝生やベンチで勉強をしており、とても恵まれた環境だと思う。
キャンパス風景キャンパス風景
私の住んでいる寮は、Palm Driveからさらに2キロくらい離れたところ、ビジネススクールとは自転車で10分強の位置にある(写真下)。毎朝、自転車で緑のキャンパスを駆け抜け、ビジネススクールの教室に通っている。
Escondido Studio 外観なんとなくStanfordのキャンパスの雰囲気を感じてもらえただろうか。とにかく広くて、緑の芝生と、赤茶色のロマネスク様式の建物が印象的なキャンパスだ。まだまだ、ジムやスタジアム、各種のコートがある運動施設エリアなど、散策しきれていないエリアも多い。なかなか授業で精一杯でビジネススクールと寮の往復の生活になってしまうが、スキをついていろいろと散策していきたい。
スポンサーサイト

やはりカリフォルニアの空は青いですね!
うらやましい限りです。

2007.10.04 14:03 URL | ゆうき #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/41-e61ebf39

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。