FC2ブログ

Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オペラ座の怪人「オペラ座の怪人」を観て思ったことをもう一つ。劇中の名曲の一つに、The point of no returnという曲がある。メロディはもちろんのこと、初めて劇を観たときに、この概念にハッとさせられた。

The point of no return ~ここまで来てしまったらもう後戻りできない地点~。クリスティーヌを一流の歌手に育て上げ、彼女をオペラ座の主演に上り詰めさせるために様々な事件や脅迫を仕掛けるオペラ座の怪人。その怪人の愛とは裏腹に、舞台で輝く彼女を観た幼馴染でオペラ座のスポンサーであるラウル子爵に心惹かれてしまうクリスティーナ。激しい怒りと嫉妬から、シャンデリアをオペラ座の公演中に落下させるなど力づくでラウルからクリスティーナを奪おうとする怪人。クリスティーナに仮面の下の醜い素顔を見られてしまいながらも、怪人は彼女を育て上げた秘密の歌の練習場でクリスティーナに力づくでの結婚を迫る。そんな怪人が舞台終盤で歌う曲が、The point of no returnである。

確かに人はここまで来たらもう引き下がれない点というものを感覚的に持っている。私のMBA留学の場合でいえば、TOEFLの勉強が終わり、GMATの勉強を本気で始めたあたりがpoint of no returnであった。ここまで努力したなら止められない。それは周囲へのメンツの問題もあるだろうし、かけた時間と努力とお金を無駄にする悔しさからくるのかもしれない。オペラ座の怪人の場合と異なるが、私がこの概念に接したときに思ったのは、本気で達成したい何かがあるならば、スタートダッシュでpoint of no returnを渡ってしまうことが大切ということ。スポーツ選手がノックアウト宣言、新記録宣言、ホームラン宣言などをするのと似ていて、逃げ場をなくす場面まで自分を持って行ってしまうのだ。そこまで来ると、意外と雑念が消え、これまで「できるか、できないか」のレベルで悩んでいたのが嘘のように、目の前の事象に集中できる状況を作り出せた経験が何度もある。Point of no returnまでスタートダッシュをするためのコツは、「必ず成功する」「誰が何百回あきらめても、自分は絶対にあきらめない」という自己暗示をかけて、とにかく突っ走ること。精神論の領域だ。

Las Vegas 「オペラ座の怪人」 会場外一方で、オペラ座の怪人のように、point of no returnを超えることは合理的な思考を停止させる副作用も持つ。ここまで来たならやめられない。今までの投資は何だったのか。自己否定はできない。ここで引き下がるのはプライドにかかわる問題だ。そんな思いが人を近視眼、盲目にさせる。経営コンサルティングの仕事においても、お客さんの状況として何度か遭遇したことがある。

当然ながら最も賢い方法は、point of no returnの引力をうまく使いながらも、自分が目指す方向自体が間違っている、自分の努力は冷静に見て結実しない、といったことが見えてきたならば潔く方向性を変えることである。私の場合は、負けず嫌いなこともあり、一度決めた道は何度もあきらめずに挑戦する傾向がある。保守的な面もあるそんな私が方向転換をするときは、周到に状況を把握して、自分自身が方向転換するべきだと納得できるまで考え抜いて、一気に方向転換をする。考え抜いて納得したら、これまでの努力など惜しいとは一切思わない。なぜなら、方向転換した方がいい結果が出ると自分が信じているからである。

オペラ座の怪人は、The point of no returnという概念を意識化させてくれた。劇のあらすじと必ずしも同じというわけではないが、このpoint of no returnという引力がわれわれに働いているということを理解した上で、それをうまく利用し、また副作用に注意して物事に当たっていきたいと思う。
スポンサーサイト

興味深いね。私はきっと、そのpointをまだ渡ったことないんだろうなという気がします。意図して、何かしらの退路を設定しているな~。(それが悪いことばかりとは思わないけどね。)

2007.08.25 22:41 URL | まなべ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.08.26 01:43  | # [ 編集 ]

まなべコメントさんきゅ!
鋭い指摘だね。スタイルの違いが表れているのかも。まなべは視野が広くてバランス取るの上手いけど、俺はリスクを取りたがる性格がやや強い。それから俺も退路は実は設定してるけど、そう思うと意志が弱いから言い訳を自分で作ってしまうことを分かっているからかな。

2007.08.26 15:10 URL | ひろお #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/24-063d503e

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。