Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
チチニッツァだいぶ前になるが、春休みにおきまりのメキシコに行ってきた。春休みと言えば、こちらではビーチリゾートである。マイアミか、カンクーン。高校生や大学生がこぞって南にやってきて、日夜パーティー騒ぎをするのである。

さて、そんな年齢でもない我々は、とはいえあまり遠方に行きすぎず、この2年間をゆっくり振り返って語る時間がほしいと、メキシコ行きを決定。カンクーンで1週間ほどのんびりしながら周辺を観光し、その後メキシコシティにて学校のスタディトリップの合流するという予定で時間を過ごしてきた。

ホテルにてさて、カンクーン。これが予想以上に素晴らしかった。私は基本的にバックパッカー的な旅行しかリゾート地ではしたことがなく、典型的なリゾート旅行は避けてきたのだが、これが意外と素晴らしかった。何よりも海がきれい。そして「何もしない」贅沢。プールサイドでのんびりし、海に入ってはプールで泳ぎ、ジャグジーに入る。そしてカクテルを頼み、友達と語り合ったり、読みたかった学校の資料を読んだり、学んだことを棚卸したり。夜はシーフードを堪能し、ワインを夜中まで飲む。若者のいない静かなリゾートホテルを選んだのが正解。非常に静かで、客層は20代後半以上が中心。最高に満足のいく1週間だった。

実はこの時期、メキシコはインフルエンザ騒ぎと、政府と麻薬団体の衝突等で治安も悪化中。そのためあまり動かずに、いろんな観光もキャンセルしたのだが、結果としてはのんびりできてよかったと思う。

友達の親の豪邸にてメキシコ・シティでは、ある友達のお宅にお邪魔した際に、いろいろと治安の悪さ等を実感した。まず、友達のお宅の大きいこと、大きいこと。家の中には所狭しと美術品が並び(奥様が美術品好き)、家はまるで美術館。そんな中で奥さんが最近のメキシコ・シティの治安の悪さについて、いろいろと話をしてくれた。奥さん自身も、先月車で家に戻り、駐車場に車を入れたところ、車の影に隠れて強盗がこっそり一緒に駐車場に入ってきたとのこと。車から降りると突然銃を頭に突き付けられ、驚いた奥さんは叫びまくったという。強盗は複数だったのだが、どうやら2人以降の仲間が駐車場のドア(自動で締まる重いドア)に挟まり、中に入ってこられない状況だった模様で、それで強盗グループも混乱。結局銃を突き付けている強盗一人が逆に家に隔離される状況になり、強盗用に買っていた番犬が激しく強盗を襲撃し、強盗はなんとか内側からドアをこじ開けて逃げて行ったという。なんとも恐ろしい話だ。

民族ダンスを取り入れたバレーの公演メキシコ・シティでは、とにかく命が惜しければ流れのタクシーには乗るなと言われた。当時は各地で麻薬組織と警察の衝突が起きていたタイミングだったので、なおさらである。そんな事情もあり、あまり活動的に観光はせず、なるべくじっとしていることになった。しかしそれが逆に2年間を振り返る実によい時間を与えてくれ、また友達ともゆっくりとしたかけがえのない時間を過ごすことを可能にしてくれた。

それにしても、リゾートはやっぱりいい。初めて味をしめてしまった。私もだんだんと年を取ってきたということだろうか悲。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/138-ae2e7a08

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。