Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
パンフレットこちらでは現在、Boba Teaというタピオカの大きな粒が入ったティーが大人気で、私もMountain Viewという大学の隣町のTapioca Expressにはお世話になっているが、最近大学通りのPalo AltoにもBoba Teaのお店ができたというので行ってみた。そこはBoba Teaだけでなく、ベジタリアン向けの食事も提供している模様で、お店の脇にふと目をやると、「ベジタリアン入門キット」なるパンフレットが置いてあったので、ふと手を伸ばしてみた。

こちらに来て、改めていろんな国のいろんな人が様々な食事制限を持っていることに驚きを感じたのを覚えている。昨年冬のJapan Tripでも、一緒にTripをオーガナイズしたリーダーシップメンバーが、メンバーの食事制限に合わせ、「この人は野菜しかダメ」「この人はミルクもダメ」「この人は魚のだしならOK」等々、旅館やホテル、レストランの人と一生懸命会話をしていたのを思い出す。日本ではこのような食事制限、ベジタリアンなどに対する理解が他の国に比べるとまだ低いため、彼も相当その手配に苦労していた模様だ。

カリフォルニアのFreewayを走るさて、ベジタリアン入門キットは、人々にベジタリアンになることを勧めている。ベジタリアンである人がそうなった理由は、もちろん宗教的なものもあるが、こちらカリフォルニアでは、健康的な理由、または倫理的な理由からのものが多い模様だ。パンフレットを開くと、アメリカの有名女優やシンガー、スポーツ選手などが、なぜ自分がベジタリアンなのか、そしてそれがどれほど倫理的・健康的に優れていることなのかをそれぞれの言葉で飾っている。そして養豚場、養鶏場などでの「非人道的」な家畜の扱いなどを感情的に訴え、その後ベジタリアンの入門レシピ(入門・助走編は、「ビーフ味のミートレスハンバーグ(大豆などからできている)」などから始まる)、ベジタリアンの栄養学的なデータなどを掲載している。

私はクラスメートなどとベジタリアンの議論になると、「日本人の私としては、人間は自然によって生かされているものだと思うし、肉や魚を頂戴して生きていくのは、ありのままの人間の姿だと思う。むしろ、そうだからこそ、いただいた命を大切に、残さず、感謝していただく方が大切だと思う」というように答えるようにしている。もちろん、家庭の食卓から隠された部分であるが、食べられるためだけに生まれて工場で「大量生産」される家畜の現状にも、もちろん無知ではいられない。ただ、動物がかわいそうだとベジタリアンになる前に、大量に注文して残飯は罪悪感もなくゴミ箱に捨てるような大量消費の考え方自体にも問題がある気がする。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/136-96c021cd

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。