Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
モントレーにて先学期に履修したアントレプレナーの授業「Formation of New Ventures」は素晴らしい授業であった。なかなか忙しく、blogに内容をアップデートする時間がとれないのだが、つい先日期末レポートの採点が返ってきて、ふと自分のレポートを読みなおして思った点を数点だけ。



成功する起業家の多くが社会人経験8-10年以上で起業
授業では、20代からの起業、サーチファンドモデル、30・40代からの起業など様々な起業家と接する機会があった。感じたことは多いが、授業で取り扱った、成功する起業家に関するある統計が面白かった。成功(とりあえずこの例ではExitまたはIPO)する起業家が、その会社を立ち上げた年齢を分析してみると、そのほとんどが、最低でも社会人経験を8-10年持っているという。20代から情熱を持って企業をし、成功させる事例もあるが、統計で見るとマジョリティーではないという。むしろ、20代で一度起業を経験し、またはその他の職業を経験し、20代終盤から30代以降で起業した会社の方が、統計的には成功確率が高いという。

成功と失敗のはざまに落ちるリスク
授業で多くの起業家に会ったが、必ずしも成功した人だけでなく、失敗(倒産)をした人、苦しんでいる人(特にこの景気の中、多くのスタートアップが現在も破たんしている)から話を聞くことも多く、生々しい話もたくさん聞くことができた(笑)が、その中で一つ印象に残っているのが、成功と失敗のはざまに落ちるリスクのこと。

キャンパスにて明らかな失敗であれば、次のステップへの判断もつきやすいだろうが、クラスでも議論になったのが、業績の達成がどんどん先ばしになるような、成功と失敗のはざま。特にベンチャーキャピタルから資本が入っていないケース(日本でのスタートアップはそういうケースが非常に多いだろう)だと、VCからのプレッシャーがかからないため、事業計画を達成できていなくても、「来年こそ」「もう少し計画を見直してみよう」等々、ずるずると目標を下げたり、買えたりすることになり、中途半端な規模のビジネスのまま、大きく成長することも失敗することもなく、5年も10年も経ってしまうケースが多いという。それが自分のやりたいビジネスであり、大きな成功をしなくてもよいのであれば問題がないのであろうが、仮に大きな計画やキャリアステップの願望(自分のVCを作る等々)があった場合、成功でもなく失敗でもない状況は、どこで足抜けをするべきなのか、見切りが付きにくいため、多くの起業家がキャリアの多くをそこで費やすことになりがちだとう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/135-57b2d347

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。