FC2ブログ

Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
レストランに向かう道ロンドンからイタリア入りしたこともあり、とにかく食には飢えていたので、訪問する先々で、友達に一番おいしいイタリア料理を食べさせてくれと注文をして回った。日本ではまだあまりなじみのないフレッシュパスタなどを食べたことは先に書いたが、中でもとびっきり最高だったのが、レストラン経営が夢というトリノ在住の46歳救急医療ドクター・アンドレア(仮称)に連れて行ってもらったレストラン。トリノから車で1時間ほど走った田舎町にある、Osteria Del Boccon Divinoという、スローフードのレストラン。 看板も地味で、真っ暗な細い道の脇に入ったところにあるレストランで、現在イタリアで流行っているというスローフード(彼曰く、素材から何から、昔ながらの自然な方法で栽培・育成したものを使い、それぞれの素材において最高のもの、かつ環境にやさしいものを集めて作るという料理、とのことだった。ミルクなら、××産のミルク。このチーズなら、このハムなら、と、イタリア各地から最高のものだけを集めて作っているということらしい。ファーストフード&グローバリゼーションに対抗する形で、地元の素材、エコ、最高の素材などにこだわりを持つトレンドとのこと。かたつむりのマークがトレードマーク)というものらしいが、ここで食べた料理が本当に最高だった。

1品目一品目は、前菜の盛り合わせ。なんと、胡椒が効き、肉の甘味と豚肉のワイルドな香りが口に広がる生の豚肉のソーセージ、脂肪部分と一緒に食べる、溶けるような口当たりの生ハム、そして柔らかい牛のたたき。何より、人生で初めて生の豚肉を食べた。豚ではなく、ワイルドポークという、正確には別の品種のものとのことだったが、そのことをアンドレアに言うと、「刺身を食べる日本なのに、豚は生で食べないのか」と勝ち誇った笑みを浮かべていた。このワイルドポークと、溶けるような生ハムの味は特に、今でもすぐに再現できるほど覚えている。

2品目二品目は、ニョッキとパスタ。ニョッキはトマトソースベース。何よりパスタがおいしかった。これは前にも書いたエッグパスタ。正確にはタリアテッレで、これが非常に弾力があってしっかりした食感で、また細かく切られたパスタが甘くてコクのあるトマトソースとうまく絡んで、非常においしかった。ニョッキはこれまでそれほどたくさん食べたことはないので、比較感がないが、じゃがいもの自然な香りと、とろけるような食感、もっちりとした歯ごたえが非常に印象的だった。

3品目 うさぎの白ワイン煮三品目は、うさぎの白ワイン煮と、ビーフの赤ワイン煮。ビーフはトスカーナの有名ワイン、ボローロで煮込んだものだという。しかしビーフは日本でよく食べるおいしいビーフ煮込みとさほど変わらなかったが、うさぎの白ワイン煮込みがとてもおいしかった。ちなみに、ワインはアンドレアがお勧めのDolcettoというブドウのワイン。樽の香りがしっかりついていて、独特の香りをもった不思議なワインだった。それからアンドレアは個人的に好きでないとのことだったが、お約束でバローロをグラスで注文。初めてバローロを飲んだが、非常にアルコール感、刺激、タンニンの強い、かつ土のような香りが非常に強い個性的な味だった。すでに淵がオレンジがかってきている年代ものだったが、正直私にもインパクトが強すぎて、それほどおいしいとは思わなかった。

4品目 パンナコッタ四品目が、デザートとして、パンナコッタとチーズのプディング。このパンナコッタが、アンドレアが「世界最高のパンナコッタ」と言ってはばからないもの。原料のミルクから何から、すべて最高のものを調達しているとのこと。おっしゃる通り、非常に濃厚でねっとりとしており、口の中に凝縮されたパンナコッタ独特の香りが広がる様子は、これまで食べたパンナコッタとは大きく違うものだった。このパンナコッタの印象が強かったためか、チーズのプディングは普通においしいという感じであった。

さて、そんなイタリアで食べた最高のディナーのお話でしたが、このイタリア人医師が、かなりの食通(夢がレストラン経営ということだから当然だろう)。彼がお昼に連れて行ってくれたカフェに、とてもかわいいお菓子がたくさん並んでいて、思わず写真を撮ってしまった。日本人から見ても一口サイズのかわいらしい大きさのパイ生地・パンに、いろいろなトッピングが乗っている。このサイズ、このデモンストレーションは、イギリス人には無理だろうと思った(アメリカ人でも同様)。ここは彼が「(また)世界で一番おいしいエスプレッソを飲ませてやる」と言って連れてきてくれたところなのだが、これまたお菓子もおいしく、結局2度通ってしまった。

おいしいお菓子とエスプレッソトリノは、個人的にはミランよりも気に入った。ミランはファッションの街ということで、ミランのブランド街のショーウィンドウの華麗さ、独創性にはすごいなぁと思ったが、食に関して言えば、アンドレアの案内がよかったからだろうか、非常に繊細な食が多いような印象を受けた。(ミランでは弁護士の友人とその彼女と3人で地元イタリア人に一番人気といわれるお店に連れて行ってもらったが、正直ピンとこなかった)。

最後に酔いが回ってきた頃にお医者さんのアンドレアが、トリノ郊外のスローフード・レストランでウサギの白ワイン煮込みを食べながら言った一言。

「こうやっておいしいイタリアワインと料理を食べていると、イタリア以外のすべての世界の人々が不幸に思えてくるね」。

うーん、あの晩のディナーは忘れられない。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/118-395932fd

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。