FC2ブログ

Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Notting Hill Carnivalにてロンドンに来て語学学校の学生と話をするうちに、改めてひとつ気づいたことがある。それは、「笑顔とユーモアの力」。あるイタリア人と世間話をしているときに、別に彼が面白いことを言ったわけではないのだが、私が自然と愛想笑いというか、自働的な笑顔というか、とりあえずよく分からずに笑った時の会話が印象的だった。

  「今、なんで笑ったの?」
  「え? あ、笑ったっけ? そうだね。 ははは。」
  「ははは! 不思議だけど、君が笑うと、私も笑っちゃう。」

「君が笑うと、私も笑っちゃう」という言葉にハッとした。振り返ってみると、語学学校ではいつもジョークをいったり、笑ったりしていることに気付いた。そしていつも笑っていると、自然に人が集まってくる。笑顔は伝染するものだと思うし、笑っている本人も幸せだから素晴らしいことだと思う。

ニューヨークにてクラスメートと私は前職のコンサルティングファームではジョークを言ったり、笑顔を振りまいたりする方では決してなかった。むしろ仕事のプレッシャーと責任感の中、眉間にしわを寄せていたことばかりだったと思う。笑顔とユーモアの力はすごいものだと思う一方、仕事で笑顔とジョークを絶やさないのは難しいことだなぁと思う。心の余裕が必要だろう。今のスタンフォードでも、簡単なグループワークや、自分が経験のあるワークでは笑顔とジョークが自然と溢れ、みんなにもサポートしてもらいながらうまく仕事が進むが、英語が分からなかったり、テーマの理解が不十分だったりすると、笑顔とジョークが息をひそめてしまう。子供のころも、よく笑う子だねと言われていたようだが、受験を始めてからは、笑顔が減った気がする。人のよって差はあるのだろうが、私の笑顔とジョーク力は、ストレスに対して敏感に反応して減衰してしまうらしい。

私は、笑ってジョークを言いながら楽しく生活している自分の方が好きである。その方がみなと仲良くなるし、心が満たされた時間を過ごせる。今の自分は、「自然な楽しい自分」を表現できている気がする。そう、これまでの自分を振り返れば、笑顔とジョークのスタイルは、ひとつの自然な自分のスタイルだった。前職の会社でも、笑顔とジョークを交えながら仕事をしっかりとこなしていた上司が沢山いた。すごいことだと思う。経営コンサルティングという、自分にとっては難しい仕事をこなしながら、笑顔とジョークを絶やさない。帰国後それができるかは、自分にとってのひとつのチャレンジでもあるとも感じた。
スポンサーサイト

日本に戻り日本のベンチャー企業にて3週間が経ちました。ひろおさんのブログを読んでハッとしましたが、日本人って本当に笑わない民族だと思います。ニヤッとかしますが、西海岸のキャンパスに居たときのように本当の笑顔で歓喜を表すことが苦手なのかもしれない。。。ある意味、今の僕は村八分状態です(汗)でも、歓喜に満ちた会社にするために頑張るつもりです。

2008.09.24 22:41 URL | K2 #- [ 編集 ]

只今、日本時間2時。ですが、タイトルが気になって読んでしまいました。
日本人は、確かに感情表現方法が欧米に比べると、地味だなーと感じる。けど、不思議なもので、外国語を話すと表現が豊かになる気がする。
先日まで、会社の先輩と欧州出張だったのだが、その先輩は特に感情表現が豊かになる。
英語の特質なのかもしれない。

私自身、ストレスの発散方法は、小さな子と遊ぶことと、笑うこと。
小さな子と遊んでると無邪気さが何ともかわいく笑顔の自分でいられる。
お腹の底から笑うこと。これも、とても大切だと思う。ストレス溜まったり、精神的に病んでくると笑えなくなる。けど、そんな時に、無理矢理にでも笑ってみると案外に道は開ける。
道が開けてくれば、心から笑える日がくる。

ユーモアは、また別次元。ひろおさんが言うように、心に余裕がなければ言うこともできないし、聞いて笑うこともできない。

会社の中でも、みんながジョークを言い合え、笑っていられれば、仕事もうまくいくよね。一日の大半を会社で過ごす訳だから、そういう関係がベストだよね。

ひろおさんなら大丈夫!日本を離れてから、いっぱい色んなこと吸収してるから、以前の自分に戻るようなことは、絶対ないよ!
「人は、心で動かすものだ」
誠心誠意ぶつかっていけば、相手もわかってくれるはず!

私も、もっと自分を磨かなければ(笑)
頑張ります!

2008.09.28 02:27 URL | CHIE #64TjWBNY [ 編集 ]

人を心で動かす。。。美しいですね。
男性的にいえば”背中を見てついてこい”なんだろうか?

2008.10.01 00:37 URL | K2 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.10.29 20:22  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stanfordmba.blog108.fc2.com/tb.php/112-e9ad94f9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。