Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
卒業式にて6月中旬についに卒業式を終え、東京に帰ってきた。スタンフォードの2年間の留学生活も、ついに終わりを迎えた。
そう。ついに、終わりを迎えた。そして、本当に、本当に素晴らしい2年間だった。

これほど私の価値観を大きく変えてくれる経験はなかなかできないと思う。思いっきり勉強し、思いっきり遊び、思いっきり旅行し、思いっきり考える。それをあの青いスタンフォードの空の下でできる特権というのは、言葉では語りつくせない幸福である。自分は、本当に幸せ者だと思う。

では、私自身、この2年間で何を得たのか。実際に何が変わったのかは、だんだんとこちらで生活をするうちに見えてくるものもあるだろうが、現時点での感覚を、なるべく頭脳のスクリーニングを通さずに吐き出しておきたい。ここに並んでいるものが、とりあえずこの瞬間における、超等身大の「MBA留学の成果」といったものだと思っていただければいいと思う。あまり深く考えずに、思いつくままに羅列してみよう。


世界中にできたたくさんの友達:
パーティーにてアジア、中東、アメリカ、南米、ヨーロッパ各地の親しい友達。どこに今後旅行にいっても友達がいるのはうれしい限り。その友達の質の高さに、MBAが終わって改めて気づく。学生同士ではあんなに親しくしていたけど、学生でなければこんなに親しくならなかっただろうな、というような家の育ちの方々等。急に世界が見えるようになった、また自分もようやく世界の一部になった、という感覚。

視野の広さ:
世界のトップタレントの質と自分の強み・弱みの理解。ある意味、自分が勝負できる部分、できない部分がわかって、逆に自信になった。MBAは特殊な社会なので、世界がわかったというにはほど遠いが、世界のエリート界で何が起こっているかの手触り感のある感覚と、それに対する自分の意見・スタンス。

価値観の広がり:
多様な価値観の存在への気付き。自分が染まっている価値観・パラダイムの再発見、自分が抑制していたけど実は持っていた価値観・性格の再認識。「あ、自分自身のままでいていいんだ」、という感覚。

心の安定:
ある程度の自分に対する自信、そこそこなら将来どこでも食っていけるし、最悪最後は自分で何かをすればいいやというある種の開き直り。

エネルギー、やる気:
単純に、エネルギーを再充電。新しいことをいろいろと吸収し、新しいエネルギーとやる気に満ちた心身の状況。

世界中を旅した経験:
タージマハールにてインド、ヨーロッパ、中南米、東南アジア、中国、アメリカ各地等々。クラスメートに案内され、普通の旅行では見られないようなその国の側面をいろいろと見ることができた経験。単純に、クラスメートとたくさん楽しい思いをした経験。その中でも、世界の貧困の状況を初めて体験。日本はものすごく恵まれているし、且つユニークであるという感覚。

英語力:
年に何度かあるフォーマルパーティーやはり2年間で圧倒的に伸びたという感覚。日本語と英語が頭の中でシームレスに切り替わる感覚。少なくとも日本にいれば、英語のコンプレックスはなくなったという感覚。とはいえネーティブと比べると英語は常に発展途上で、終わりはないのだという悟り。アメリカでもどこの国でも、多くの人が不完全な英語で仕事をやっているのが今のグローバル社会だという悟りと、完璧病からの離脱。

ファイナンス系の知識:
クラス全員にてこれまで仕事では使わなかったファイナンス分野の知識、内部情報等の知識。彼らがどんな仕事をしていて、どんな役割を世の中で果たしているのかの肌感覚、等。

ソフトスキルに関する知識・経験:
対人関係、ネゴシエーション、リーダーシップ、社内政治等々、いろんなソフトトピックに関する体系的な知識と、演習や実生活におけるさまざまな経験。知識でとりあえず武装できてはいるという感覚、等。

アントレプレナーに対する理解:
シリコンバレーのアントレプレナーに関する理解と実体験。その魅力、素晴らしさや、コンサルタントとの違い、日本との環境の違いに関する理解、等。

沢山の思い出:
インドのお祭り Holi にてクラスメートとの大量の写真、思い出。無限の笑顔、笑い、ジョーク、パーティー、旅行、イベント、グループワーク、買い物、ドライブ、語り合い、ワイン、ゴルフ、テニス、バスケ、太陽、芝生、クラスルーム、カフェ、等々。これは本当にプライスレス。私の人格の一部を形成することになるだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、2年間の振り返りについてはあまり考えをまとめずに、とにかく羅列を試みたのだが、この方が逆に、等身大のこの2年間の感覚が伝わるかと思う。中でも、前半に書いたネットワーク・価値観の広がり&変化といったあたりが言葉で書くとシンプルだけど、自分としてはあとあとまで人生へのインパクトは大きいかもしれない。ただ、ここに書いたすべてが複合して、自分自身の考え方や行動を今後変えていくような経験になったのだと思う。

スタンフォードこうして今東京に戻り、新しく借りたアパートの部屋で文章を書きながら、この2年間のスタンフォード生活の素晴らしさを再度実感している。そしてさらに、外に出て初めてわかったこの国、日本という国の素晴らしさ、レベルの高さ、ユニークさについても、改めてしみじみと感じる次第である。

今後とも、少しでも、世界のため、そして日本のために、ここで得た貴重な経験をもとに、またこれまで私の短い人生で経験させてもらったさまざまなことをもとにして、自分が何かをしていかなければと想う日々である。

2年間、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。