Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シャンゼリゼ通りにて昨年のThanksgiving休暇はアメリカ人の友人の自宅にてThanksgiving Dinnerに参加し、あとはこちらでのんびりとしていたが、今回はパリとアムステルダムに旅行に行ってきた。パリは高校時代に訪れて以来2度目、アムステルダムは初めての訪問であった。

パリはクリスマスシーズンとあり、イルミネーションが非常にきれいであったが、何と言ってもやはり感動したのが、フランス料理の質の高さ。今回は特に食に力を入れていろいろと回っていたのだが、やはりフランス料理は素晴らしい。

フランス料理は、日本料理とも共通点があると思った。プレゼンテーションの美しさと、職人技の高さ。日本の懐石料理のように、1品1品に真心をこめ、小さな空間に見た目の美しさと味を凝縮させる。ただし、日本料理との大きな相違点が、味の凝縮度の高さと、食品の加工度合の高さ。フランス料理は食品に多くの加工を施し、味も非常に高い凝縮レベルにて複雑な異なる味を調和させるのに対して、日本料理は比較的素材の味を大切にし、比較的低い濃縮レベルにて味を調和させる傾向があると感じた。また、フランス料理は、1つのディッシュの中で、メインの素材、サブの素材、ソース、飾り付けなどのバラエティの中で甘さや辛さ、苦味や酸味をバランスさせる傾向があるのに対して、日本料理は、さっぱりした酸味のある酢の物の皿、どっしりしたご飯ものなど、コース全体で味のバランスを取り、お皿1つ1つでは必ずしも味を調和しなくてもいいという印象がある。ただ、フランス料理の味の調和のさせ方の複雑度合、バランス度合は、他の料理に類を見ない緻密さと、濃厚さを持っていると感じる。

非常に残念ながら、旅行中にカメラを落としてしまい、せっかくの写真がほとんどなくなってしまったので、写真を載せることはできないが、個人的においしかった料理のトップ3。(ちなみに、いずれも100ユーロ未満の比較的お手頃フランス料理。ミシュラン3つ星などの300ユーロクラスの高級レストランは除く)

1.L'Angle du faubourgで食べた、フォアグラのコースディナー
rue du Faubourg沿いにあるミシュラン1つ星レストランだが、値段の割に味が非常によく、満足度が最も高かった。セロリのアクセントを使った三重の小さなゼリー状のアントレから始まり、卵の白身を使って泡立てられたロブスターのスープ(ロブスターはプリプリ)、濃厚なフォアグラのソテー、デザートのナポレオンパイと、それぞれのお皿がこだわりを持ってデコレーションされ、味のバランス、調和ともに、最高であった。ワイン抜きで90ユーロ。ワインも、ポイヤックからサンテミリオンまで、グラスワインでいろいろな種類が楽しめる。参加した友人全員が、このディナーを「思い出のディナー」にセレクト。

2.Au Pied de Cochonで食べた、オニオングラタンスープと、豚の頭のソーセージ
豚で有名なレストラン。お昼にウォークインで入り、オニオングラタンスープとメインディッシュ、デザートをオーダー。オニオングラタンスープは、他のどのレストランよりも一番おいしかった。チーズもスープもよくありがちなように濃厚すぎず、しかしよく味が出ていたおいしかった。豚の頭のソーセージは、見た目は真っ黒ですこしグロテスクだったが、弾力のあるソーセージの皮をナイフで破ると、細かなねっとりとした黒い肉がこぼれおちてくる。マッシュドポテト、ブルーベリーのソースなどと一緒に食べると、非常に濃厚でなめらかな味わいで、目から鱗の落ちる感じであった。ワイン抜きで、30ユーロ前後。満足度高。

3.Bastille駅周辺の無名レストランで食べた、ラムのオリーブ煮込み
とろけるようなラムの肉と、オリーブやオレガノなどのアクセントがうまく調和し、スープから立ち込める湯気と共に、最高に幸せな気持ちにさせてくれた。極寒のパリを窓の外に見ながら、7ユーロの幸せ。適当に入ったフレンチ店でも、その味のブレンドのレベルの高さに驚かされることが多かった。このレストランはその代表例。

凱旋門そしてフランスワイン。パリに来てから、文字通り朝、昼、夜とワインを毎回飲む生活を続けていたが、やはりフランスワインはカリフォルニアワインを大きく違う。大人のワインと言おうか、味のバランスがより繊細で、複雑。同じカベルネを取っても、カリフォルニアワインは果実実たっぷりの、ベリー系の香りが凝縮された味わいになりがちなのに対して、ボルドーワインなどは、よりタンニン、土の香りなどが複雑に、繊細にブレンドされた大人っぽい味になる。ピノに関しても同様。オレゴンなどのピノは、非常に華やか且つ果実実もたっぷりな味わいになるのに対して、ブルゴーニュのピノは、より繊細で、気難しい味わいだと感じた。

ワインに関しては、個人的には完熟したカリフィルニアのブドウを使ったワインの方が、フランスのワインより好みにあっているように感じる。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。