Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1週間の中国出張を通じて、先日は衝撃を受けた「いい面」について書いてきた。今回は、出張を通じて感じた不思議な点、面白いと感じた点についていくつか書き記しておきたい。

中国の「いびつ」な就職事情
上海にて・・・高層ビル&伝統的建設物中国は、人余りだとも、人不足だとも言われる。大学生の卒業後の就職率は、なんと65%だと聞いた。一見人余りに見える一方で、中国では人材獲得競争が厳しく、人を確保するのが大変だという話も聞く。何が起こっているのか。

どうやら皆一人っ子政策のせいで、中国の大学生は親から過保護にされ、プライドが高く、親の期待も高いため、多くの大学生が卒業後はシステムエンジニアやサービス業への就職を希望するとのこと。コンピューターサイエンス学科や、たとえば日本が話せる中国人人材の就職率は、100%に近いという。都市や分野によって事情は異なる模様だが、たとえば日本語人材が豊富な大連では、日本語ができるシステムエンジニアなどは人材の供給数に限りがあるため、企業間で熾烈な学生獲得競争が展開されている模様。特にIBMなどが高い給与を出して中堅中小企業から育った人材を一気に引き抜いてしまうことが近年横行しているため、大学生に限らず、市場全体で人材の獲得競争が熾烈化している模様だ。お話を伺った中小企業の経営者は、逆に2,3名の鍵となるリーダー級人材に関しては、大企業よりも高い給与を出して大企業から逆に引き抜くようなことを始めている模様。そうでなければ、生き残れない、という社長さんのコメントには悲痛感が漂っていた。

上海にて一方、概してプライドが高く、親の財産を独り占めしてきた育ちのいい中国人大学生は、いわゆる3K的な仕事にはつきたがらないという。たとえば中国では現在建設ラッシュが激しく、建設現場の人材や、工場の労働者、またアウトソースビジネスも盛んで、給与計算の単純計算などの業務のニーズが大きいが、たとえばこれらの地味な業界へは誰も行きたがらないのだ。建設現場であれば、農村からの出稼ぎ労働者、工場やアウトソースビジネスであれば専門学校(3年生の大学)の卒業生などが人材として活躍している模様だ。その結果、大量の大学生が就職を希望している業界と、人材のニーズがミスマッチをしており、全体の就職率が低くなってしまっているというのだ。中国の大学、専門大学自体も、現在学生の就職斡旋にやっきになっており、企業と組んで、企業向けのカスタマイズした実践研修を最後の半年~1年間に行い、そのままその企業に採用してもらうなど、積極的な産学連携が進んでいる模様。

やはり、内需がしっかりと拡大し、国内のサービス産業が育成され、単純な労働力としての仕事ではなく、より高度な仕事が国内で拡大していかなければ、このミスマッチはなかなか収束しないのであろうか。また一方その単純労働の賃金も、以前書いたように毎年10%くらいの率で上昇を続けている。単純労働の受注でビジネスをやってきた韓国資本の企業の経営が立ち行かなくなり、近年韓国人の経営層が中国人スタッフを置いて夜逃げをしてしまう事件がいくつも起きており、中国では問題になっているという話も聞いた。これもまた、これまで「発展途上国」だった「安い中国」が、新しい段階に来ている一つの側面と見ることもできるかもしれない。

経済活動における、政府のあまりに強力な役割
上海にて中国に来てつくづく感じたのは、とにかく地元政府との良好な関係がビジネスの大きな成功要因であること。中国は、やはり、政府が強い。本当に、強い。上海で住民を退去させてあっという間にまっすぐの片側4車線の高速道路をまっすぐ引いてしまうことからもわかるように、政府の権限は強大である。ある時は、公害が問題になった業界の数十社が政府の判断によって一気に清算されてしまったり、逆に応援される企業は一等地をただ同然で払い下げられ、建物まで政府がたててくれるなど。

現在お世話になっている会社の中国子会社でも、地元政府との良好な関係が何よりもの強みになっている。地元の政府の市長と現在お世話になっている会長さんが、10年前からの仲で、会長は市の顧問もやっているし、中国側の子会社の社長は先日市議会議員にも指名された。このような関係は中国でビジネスをやっていく上で非常に大切で、現にうちの会社は政府から強力なバックアップを受け、現在使用している2棟のビルも家賃はただ同然、法人税も黒字化後3年はなし、その後も数年間通常の半額の税金ということだ。市や施設によってこういった措置は異なるが、こういった優遇措置のある施設に入れるのも、政府との良好な関係が必要である。逆にスタンフォードのビジネススクールで仲のいい韓国人の友人は、中国人への英語教育のベンチャーをやっていたが、ある時政府の人が突然やってきて、「今日から中国人以外はこの会社で仕事をやってはいけない。中国人のスタッフだけは継続して働いてもいいが、あなたはすぐにビジネスから出て行きなさい」と告げられ、結局会社の解散、中国系企業への従業員の提供をせざるをえなかったという。

とにかく、中国では経済発展のメインプレーヤーとして、政府がいる。そう、「メインプレーヤー」なのである。彼らの鶴の一声で企業は倒産もするし、膨大な利益も手にできる。市議会議員をやっているうちの会社の社長にも話を聞いてみたが、政府自体も、手探りでやっているんだと教えてくれた。成長がダイナミックでスピードが早いため、その都度状況を判断し、必要に応じて突然予告もなしに法律を変えることになるのだ。法律は、突然変わる。そして、いきなり企業活動が行き詰ってしまったりするのだ。ただ地元政府と普段から親しくしていれば、何が起こっているか、また何かが起こりそうかの雰囲気は伝わっているはずだという。

旅順港にて 昔ながら漁師製造業の発展、国民の富の底上げという側面では、日本でもそうであったように政府の強力なリーダーシップは不可欠だと思うが、一方でこの政府の強力なリーダーシップは政府の腐敗をも招いているという。貧富の差の拡大は続く一方で、共産党関係者、旧国営企業、都市住民は富み続ける一方、農村からの出稼ぎ者や、農村の人々は置いて行かれる一方である。お金持ちの方々の既得権益が強まる中、貧富の差の逆転はどんどん難しくなり、貧富の差が固定化してきてしまっているという。中国人の若い専門大学出身のスタッフの方に聞いたが、建設現場で働く出稼ぎ農民などは給与が支払われないことも多く、彼らの不満はどんどん大きくなっているという。彼らの怒りは、表だっては言えないが、実際は不正に富を得ている政府関係者や、それと癒着して儲けている企業たちへと向けられている模様。その中国の方は、外交問題(台湾や日本)はそのフラストレーションのはけ口として利用されている一面もあるのでは、とおっしゃっていた。

交通ルールを徹底する警察官もちろん、いい面もある。とある上海の観光名所では、赤信号なのに道路を渡ろうとする中国人を、警官が笛を鳴らして徹底して戒めていた。中国人は本当に交通ルールを守らない。お世話になっている会社の幹部も皆シートベルトは締めないし、平気で信号無視、歩道走行、車線の真ん中を走行、インディケーターなしでの車線変更などをする。その観光名所での警官は、人が一歩でも道路に足を踏み入れると、「ピー!!」と笛を鳴らして走り寄り、厳しく叱咤するということを繰り返していた。困惑して警官を見る人たち。五輪を前にして法律を守ろうという運動が盛り上がっている模様だが、こういった子供をしかるような指導手法に関しては、強力な政府ならではの徹底方法だなぁと興味深く見させてもらった。

ということで、素晴らしい皇帝が君臨している時代の帝国は素晴らしいだろうが、暴君が君臨した途端、国は恐怖政治に陥ったりする。中国における政府の強さというのは、経済活動においてもすさまじいものがある。それは決して悪いことと断定はできないが、癒着や腐敗の打破を含め、今後中国政府を悩ます課題も多いと感じた。

やりすぎ感&粗放さ
さて、最後に感じたこととしては、勢いのある国なので仕方ないとは言えるが、やりすぎ感と粗放さ。

やりすぎ感に関して言えば、たとえば街の街灯。無錫の高速道路では、ほとんどの道路の両脇に明るい街灯がついている。国土の狭い日本であるならともかく、ただっぴろい土地の中国でこれをやりだすとエネルギーの消費量は馬鹿にならない。アメリカでは高速道路は夜は本当に真っ暗である。反射板が道路についており、車のヘッドライトがあれば見えるからだ。また、無錫では道路を横切る歩道橋に、金未来的なLEDのイルミネーションがついていたり、ビルもまた金未来的にライトアップされていたりする。政府がガソリンを含むインフラ代を安く抑えているので、まずコスト感覚がないのだ。そしてエネルギー消費、環境問題に関する認識も低い。政府の政策が、企業の粗放なエネルギー消費、エネルギー非効率を作り出しているという批判を何度か聞いた。

そして中国では全面ガラス張りのビルが大流行りである。しかしこれが曲者。まず吹いてくる黄砂、工事の粉塵などで窓はあっという間に汚くなってしまう。それからエネルギー効率が非常に悪い。訪問した企業のいくつもが全面ガラス張りのビルに入っていたが、エアコンが効いていないと中はムシブロ状態である。瀋陽、大連、無錫、上海、蘇州とも、行った時の気温は37度から38度。昔はそれほど熱くなかったというが、温暖化と都市化現象の中で、ものすごい気温になっている。とある企業の経営者は、環境問題の指摘については、「先進国だけ発展しておいて、地球が持たないから自国で開発した環境技術を高く買えというのは筋が通っていない。中国は発展する権利がある」といったことをおっしゃっていたが、民間の方は多くがそういうマインドセットだろうから、これは中国政府こそがしっかり対応してほしい課題であると思う。成長が著しい時に、細かい(本当は細かくないが)環境問題、効率化の話を徹底するのは人々のマインドを削ぐし、難しい面があるのも理解する。ただ、将来のエネルギー枯渇問題、環境問題を原因とした国同士の争いの可能性などを考えると、中国にとってもエネルギー消費や環境問題の意識を民間に浸透させていくことは重要な点であると思う。

粗放さという点では、たとえば、ビルの造り。ぱっと見た感じはとてもきれいだが、よくよく見てみると、工事に粗さが目立ち、とくに内装など、よく見ると壁が見えていたり、数年しかたっていないのにタイルがはげていたり、質はよくない。ただ、これだけのスピートでものを作っていれば、それは仕方ないことでもあるだろう。それから、ホテルのサービスでも同様。無錫で泊まったホテルは、昔国営だったものが民営化されたもの。会長さん曰く、民営化されたことで一気に建物もきれいになったという。それは素晴らしいが、やはり粗放がいくつか。無錫のホテルにて (変な日本語訳・・・)民営化で収益を上げようと、部屋にはあやしいマッサージの広告が枕元に置いてあり、またベッドからはなぜかシャワールームがガラス張りで見えるようになっているのである。ホテルはすごく立派な造りなのに、目の前にネオンのギラギラした看板を建ててしまっている。それからロビーにあるマッサージの広告も、英語と日本語で通訳が書いてるのだが、また日本語がめちゃくちゃである。おそらくyahooか何かで直接自動翻訳したのだろうか。ある企業の日本人経営者とお話をした際にも、「中国は外国の技術を取り入れて、それをダイナミックに展開することには長けているが、実はまだ彼ら自身が本当にハイ・クオリティなものを作りあげる力というのは養われていない。」とおっしゃっていた。これだけの短期間で急激な成長をしているのだから仕方ないと思うが、確かに中国で走っている新幹線もリニアモーターカーも、決して彼らが作り上げたものではなく、日本やドイツなどから技術供与は受けつつも、購入したものである。もちろん急激に技術も吸収しようとしているのだろうが、まだまだ本当の高付加価値の技術という面では、彼らは未熟というのはその通りだろう。

以上、とりとめもなく、感じたことを書きなぐってみた。いろいろと課題もあるが、一言でいうと、中国は行く前に思っていたような「急成長の発展途上国」では既になくなってきているということ。まだまだの部分、不透明な部分は当然あるが、都市部での日本に迫る生活水準、そして13億人の人口と広大な土地を考えると、「もうここまで来たか」と、正直驚きを隠せない中国初体験であった。ただし、旅を通じて強く感じたのは、中国が「安い途上国」から「発展国」への転換期を迎えていること、それから政府の強すぎるリーダーシップとその副作用をどう将来考えていくか、そのあたりが将来の中国を考える上でのポイントかと感じた。

今回は都市部のみへの短い訪問だったので、次回訪れる際には、地方や伝統的な地域、農村も含めて訪れてみたい。
スポンサーサイト
中国出張現在お世話になっている会社の会長さんと一緒に、1週間ほど中国へ出張に行ってきた。私にとっては人生初めての中国である。とある新規ビジネスの検討ということで、瀋陽に1日、大連に2日、無錫に2日、蘇州に1日、そして上海に1日ほど滞在してきた。1日に3社程度を見学し、夜はそこの会社の経営者の方々と飲むという毎日ではあったが、いい面も悪い面も、中国の「現在」を存分に満喫してきた。

圧倒されるインフラ投資のスピードと規模
無錫のホテルの窓よりとにかく建設中の「ビル群」にどこの都市でも圧倒された。特に瀋陽、大連、無錫といった中級都市での発展の速度がすさまじい。立ち並ぶ高層ビルの隣で十数棟の高層ビル群が一気に密集して建設途中。1年後には、これらのビルはすでに建設後のビルとなり、またまた同じ数だけの高層ビル群が建設中ということになるのだとすれば、半年ごとに都市の景色が変わると言われる所以がよく理解できた。

中でも目を惹くのが、大量の同じデザインの居住用ビル群。建設のスピードが速く、一気に5棟や6棟のビルを建てるものだから、デザインがすべて同じで巨大な団地を形成しているのだ。全く同じデザインの居住用ビル群が横一列に並んでいる風景は、圧巻である。それにこれだけ多くのマンションを建てて、人が埋まっていくのだから驚きである。瀋陽の人口は、700万人以上。圧倒的に広い国土(とにかく平らである)と、大量の人口(依然農村からの流入は続いている模様)に支えられる圧倒的な建設ラッシュの風景は、本当に正常な建設ラッシュなのか目を疑う部分もあるが、とにかく中国の成長の勢いを肌で感じさせられるの一言に尽きる。

中国の豪奢なオフィスそんな(成長が鈍化すると言われているにせよ)中国の面白い一面を象徴的に表しているなぁと思ったのが、瀋陽で訪問した急成長を続ける会社の助理の藩さんのコメント(ちなみに助理とは社長秘書のような存在。ほとんどが女性だが、助理は単なる秘書というより、会社での非常に重要なポスト)。この会社は創業から4年目で、現在すでに1,200名の従業員を抱え、来年は3,000名、その次の年は6,000名への拡大計画を持つ急成長ベンチャー企業。ビジネス自体はそれほど高付加価値なことをやっていないのだが、とにかくオフィスが豪奢できれい。サーバールームなどは、SF小説に出てくるような近未来的なデザインで、休憩室もジャングルのようなデザインの部屋、お茶室のような部屋まであり、何でもあり。写真をお世話になっている会長の会社の中国従業員に見せたところ、「こんな会社で働きたい」と、大変人気であった。そんな会社の助理の藩さんは大変アグレッシブで面白い方で、
中国の豪奢なオフィス「中国では、とにかく勝負に行きます! 中国では、道路を渡るのも勝負!(実際歩行者は信号が赤でも強引に道を渡りに行く)。買い物をするのも勝負。 とにかく、勝負が重要です!」

また、豪奢な会社施設の解説では、

「中国では見た目が重要! 見た目勝負です!」と。

中国では幼いころに親が人生における賢い生き方(処世術)のようなことを教えることが多いらしいが、啖呵を切るのは一つの重要な要素とのこと。小さな嘘はバレるが、大きな嘘ならバレない、という教えもあると聞いた。いずれにせよ、まずは外見を作って威勢を見せることができれば、中身・実体は後からついてくるという感覚のようだ。日本人の感覚からすると、会社の実力に見合わない過剰な装飾はちょっと品がないようにも思えてしまうし、毎年従業員を倍にするなど、恐ろしくてできないが、(アメリカ人もそうだが)大陸人はリスク感覚が日本人とちがうなぁと、藩さんの言葉を聞きながら思った。

オフィスで働く大量の中国人従業員話がそれるが、中国人と日本人の違いという点で言えば、ある日系企業の経営者が悩んでいた中国人の特性というのが面白かった。まず第一に彼を悩ませているのが、中国人は報連相を重視しないということ。中国の人は自分が完全に理解していなくても勝手に想像して自分で適当仕上げてしまうことが多く、ただ外から見ると自信があるようにふるまうものだから、緻密なチームワークが必要な仕事では、思わぬところで仕事のやり直しをしないといけないことがあるという。その会社では一度大きなトラブルを経験したのち、全社員にコミュニケーションの重要さを徹底し続けているという。また残業の慣習がないため、そのあたりにも当初理解を得るために苦労したという。

もう一つ大きな違いは、給与に対する感覚。中国人は給与明細を隣の人と普通に見せあうという。そこで自分の給与が他の人に比べて低いとわかると、どんどん文句を言ってくるので、給与に対する公平で明快なルールが必要だとのこと。その会社では、ある人がよく頑張ってくれたのでそれに応えようと多少給与を割増して与えたところ、給料日に割増分をその人が返しに来たという。同じランク、同じ仕事をしているのに自分だけ給与が仲間より高いことが分かると、自分は会社側のスパイだと思われるというのが理由だという。

それから、中国人は上昇志向が強く、会社へのロイヤリティという概念を教えるのは難しいという。キャリアアップの機会があれば、すぐに転職してしまう。より給与が高いところがあれば、すぐに転職してしまう。なのである会社では、大学生の時から奨学金を出すなど、身の回りの世話をすることで少しでもロイヤリティを高めようという努力をしている模様。鍛えた社員をあっという間にさらわれてしまう中小企業にとっては、致命的な問題である。ただ、一旦ほれ込むと中国人は徹底的に付いてくることもあるようで、忠誠という概念は、決して彼らが持っていない概念ではない模様だ。いずれにせよ、こういった細かな文化の違いを理解しあい、共通の行動規範ができるまでは試行錯誤の繰り返しだという。

日本より高いブランド品。物価も都市では割安感はもうない。
日本より高いブランド店来る前の予想と一番大きく違ったのは、物価の高さ。特にブランド品の高さには、正直舌をまいた。瀋陽、大連、上海などの都市の中国系デパートには、ずらりと日本でもおなじみの高級ブランド店が軒を並べる。アルマーニ、グッチ、エルメス、バーバリー・・・。お金持ちの中国人からは、こういった高級ブランドが今大人気だという。そして驚くのはその値段。アルマーニのスーツが一着数十万円、バーバリーのコートが一着数十万円、シャツも1枚3~4万円。。。日本で買うより、場合によっては5割から2倍ほど高い印象を受けた。会長に同行していた中国人の方も、「ブランド品はここで買わない方がいい。中国人はブランド好きで、お金もちは気にせずに買うから」とのこと。これほどの値段のものを平気でどんどん買う中国人が沢山いるというのだから、驚きである。どの都市でも、こういったブランド店はデパートに軒を並べ、お客で賑わっていた。

街中の人も、おしゃれな人が多い。殊、若者に関しては、日本の若者とあまり変わらないくらい奇麗な格好をしている。デパートの中を歩いていると、完全に日本にいるような錯覚を起こすくらいだ。この広い国土と人口を持った国が、気がつけば、ここまで来たかと、正直ショックを受けてしまった。

最新のNokia携帯は8万円それからブランド品以外の洋服や、食事の値段も、決して割安感はない。シンプルなTシャツが1枚1,000円から1,500円。ちょっとおしゃれなポロシャツは4,500円から6,000円など、依然多少は日本より安いかもしれないが、決して「安い!」という感覚はない。食事も、汚い屋台でなく、ちゃんとしたレストランで食べれば、1人1,000円以上はしてしまう。ちなみに吉野家の中国での牛丼の価格が約300円。感覚的には、物価水準は日本と大きくは変わらないレベルまで上がってきている。それから企業の経営者からすると、人件費の高騰も頭を悩ませている課題。都市では人件費がここ数年毎年1割くらいずつ上昇しているとのことで、すでにコスト削減を目的として日本から仕事を単純アウトソースしてきたビジネスというのは、工夫なしには成り立ちにくくなってきているという。上海の人件費が高いのは有名として、それ以外の中級都市でも同様のことが起きてしまっている模様。

一方、圧倒的に安いのが、インフラ代。タクシーは初乗りが120円から180円で、1時間以上乗っても2,000円程度である。バスの運賃は15円。クーラー付きのバスだと30円。電車は初乗り75円程度。家賃も、大連などの都市の中心部でも、管理費込みで平米月600-900円(50平米で月3~4.5万円)くらいで借りられる。貧富の差が拡大する中で、貧しい人でも生活ができるように、政府がインフラは安く据え置いているとのことである。ご存じのように、ガソリン代も中国の一般市民には安く手に入るように政府が統制をしている。

上海にてこのように、インフラの安さは際立つものの、それ以外の物価水準は、すでに日本と比較して「安い」と言い切れるものではなくなってしまっている。若者のファッション、立ち並ぶ奇麗なデパートにブランド店、高層ビル、整備された町並みを見る限り、これはすでに「発展途上国」と呼ぶことはできない域に入ってきていると実感した。中国経済の先行きはいろいろと議論の分かれるところではあるが、明らかに中国が海外の資本をテコにしてここまで成長をしてきて、今「安い中国」から何らかの転換を迫られるタイミングに差し掛かってきていることは確かであると感じた。

とりあえず2点ほど、中国でショックを受けた「いい面」について書いてみた。今回は都市のみへのビジネス旅行であるので、多少の偏りはあるが、一方、いろいろと中国の「いびつな面」についても感じたことがあり、次の稿でその点について書いてみようと思う。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。