Stanford MBA 心の旅路

Stanford大学でのMBA(Stanford GSB)留学に奮闘する、外資系経営コンサルティング・ファーム勤務の若者の心の日記blog。 コンサルティングの仕事、MBA受験からスタンフォードGSB合格、スタンフォードMBA生活、帰国にいたるまで。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
卒業式にて6月中旬についに卒業式を終え、東京に帰ってきた。スタンフォードの2年間の留学生活も、ついに終わりを迎えた。
そう。ついに、終わりを迎えた。そして、本当に、本当に素晴らしい2年間だった。

これほど私の価値観を大きく変えてくれる経験はなかなかできないと思う。思いっきり勉強し、思いっきり遊び、思いっきり旅行し、思いっきり考える。それをあの青いスタンフォードの空の下でできる特権というのは、言葉では語りつくせない幸福である。自分は、本当に幸せ者だと思う。

では、私自身、この2年間で何を得たのか。実際に何が変わったのかは、だんだんとこちらで生活をするうちに見えてくるものもあるだろうが、現時点での感覚を、なるべく頭脳のスクリーニングを通さずに吐き出しておきたい。ここに並んでいるものが、とりあえずこの瞬間における、超等身大の「MBA留学の成果」といったものだと思っていただければいいと思う。あまり深く考えずに、思いつくままに羅列してみよう。


世界中にできたたくさんの友達:
パーティーにてアジア、中東、アメリカ、南米、ヨーロッパ各地の親しい友達。どこに今後旅行にいっても友達がいるのはうれしい限り。その友達の質の高さに、MBAが終わって改めて気づく。学生同士ではあんなに親しくしていたけど、学生でなければこんなに親しくならなかっただろうな、というような家の育ちの方々等。急に世界が見えるようになった、また自分もようやく世界の一部になった、という感覚。

視野の広さ:
世界のトップタレントの質と自分の強み・弱みの理解。ある意味、自分が勝負できる部分、できない部分がわかって、逆に自信になった。MBAは特殊な社会なので、世界がわかったというにはほど遠いが、世界のエリート界で何が起こっているかの手触り感のある感覚と、それに対する自分の意見・スタンス。

価値観の広がり:
多様な価値観の存在への気付き。自分が染まっている価値観・パラダイムの再発見、自分が抑制していたけど実は持っていた価値観・性格の再認識。「あ、自分自身のままでいていいんだ」、という感覚。

心の安定:
ある程度の自分に対する自信、そこそこなら将来どこでも食っていけるし、最悪最後は自分で何かをすればいいやというある種の開き直り。

エネルギー、やる気:
単純に、エネルギーを再充電。新しいことをいろいろと吸収し、新しいエネルギーとやる気に満ちた心身の状況。

世界中を旅した経験:
タージマハールにてインド、ヨーロッパ、中南米、東南アジア、中国、アメリカ各地等々。クラスメートに案内され、普通の旅行では見られないようなその国の側面をいろいろと見ることができた経験。単純に、クラスメートとたくさん楽しい思いをした経験。その中でも、世界の貧困の状況を初めて体験。日本はものすごく恵まれているし、且つユニークであるという感覚。

英語力:
年に何度かあるフォーマルパーティーやはり2年間で圧倒的に伸びたという感覚。日本語と英語が頭の中でシームレスに切り替わる感覚。少なくとも日本にいれば、英語のコンプレックスはなくなったという感覚。とはいえネーティブと比べると英語は常に発展途上で、終わりはないのだという悟り。アメリカでもどこの国でも、多くの人が不完全な英語で仕事をやっているのが今のグローバル社会だという悟りと、完璧病からの離脱。

ファイナンス系の知識:
クラス全員にてこれまで仕事では使わなかったファイナンス分野の知識、内部情報等の知識。彼らがどんな仕事をしていて、どんな役割を世の中で果たしているのかの肌感覚、等。

ソフトスキルに関する知識・経験:
対人関係、ネゴシエーション、リーダーシップ、社内政治等々、いろんなソフトトピックに関する体系的な知識と、演習や実生活におけるさまざまな経験。知識でとりあえず武装できてはいるという感覚、等。

アントレプレナーに対する理解:
シリコンバレーのアントレプレナーに関する理解と実体験。その魅力、素晴らしさや、コンサルタントとの違い、日本との環境の違いに関する理解、等。

沢山の思い出:
インドのお祭り Holi にてクラスメートとの大量の写真、思い出。無限の笑顔、笑い、ジョーク、パーティー、旅行、イベント、グループワーク、買い物、ドライブ、語り合い、ワイン、ゴルフ、テニス、バスケ、太陽、芝生、クラスルーム、カフェ、等々。これは本当にプライスレス。私の人格の一部を形成することになるだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、2年間の振り返りについてはあまり考えをまとめずに、とにかく羅列を試みたのだが、この方が逆に、等身大のこの2年間の感覚が伝わるかと思う。中でも、前半に書いたネットワーク・価値観の広がり&変化といったあたりが言葉で書くとシンプルだけど、自分としてはあとあとまで人生へのインパクトは大きいかもしれない。ただ、ここに書いたすべてが複合して、自分自身の考え方や行動を今後変えていくような経験になったのだと思う。

スタンフォードこうして今東京に戻り、新しく借りたアパートの部屋で文章を書きながら、この2年間のスタンフォード生活の素晴らしさを再度実感している。そしてさらに、外に出て初めてわかったこの国、日本という国の素晴らしさ、レベルの高さ、ユニークさについても、改めてしみじみと感じる次第である。

今後とも、少しでも、世界のため、そして日本のために、ここで得た貴重な経験をもとに、またこれまで私の短い人生で経験させてもらったさまざまなことをもとにして、自分が何かをしていかなければと想う日々である。

2年間、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
モントレーにて先学期に履修したアントレプレナーの授業「Formation of New Ventures」は素晴らしい授業であった。なかなか忙しく、blogに内容をアップデートする時間がとれないのだが、つい先日期末レポートの採点が返ってきて、ふと自分のレポートを読みなおして思った点を数点だけ。



成功する起業家の多くが社会人経験8-10年以上で起業
授業では、20代からの起業、サーチファンドモデル、30・40代からの起業など様々な起業家と接する機会があった。感じたことは多いが、授業で取り扱った、成功する起業家に関するある統計が面白かった。成功(とりあえずこの例ではExitまたはIPO)する起業家が、その会社を立ち上げた年齢を分析してみると、そのほとんどが、最低でも社会人経験を8-10年持っているという。20代から情熱を持って企業をし、成功させる事例もあるが、統計で見るとマジョリティーではないという。むしろ、20代で一度起業を経験し、またはその他の職業を経験し、20代終盤から30代以降で起業した会社の方が、統計的には成功確率が高いという。

成功と失敗のはざまに落ちるリスク
授業で多くの起業家に会ったが、必ずしも成功した人だけでなく、失敗(倒産)をした人、苦しんでいる人(特にこの景気の中、多くのスタートアップが現在も破たんしている)から話を聞くことも多く、生々しい話もたくさん聞くことができた(笑)が、その中で一つ印象に残っているのが、成功と失敗のはざまに落ちるリスクのこと。

キャンパスにて明らかな失敗であれば、次のステップへの判断もつきやすいだろうが、クラスでも議論になったのが、業績の達成がどんどん先ばしになるような、成功と失敗のはざま。特にベンチャーキャピタルから資本が入っていないケース(日本でのスタートアップはそういうケースが非常に多いだろう)だと、VCからのプレッシャーがかからないため、事業計画を達成できていなくても、「来年こそ」「もう少し計画を見直してみよう」等々、ずるずると目標を下げたり、買えたりすることになり、中途半端な規模のビジネスのまま、大きく成長することも失敗することもなく、5年も10年も経ってしまうケースが多いという。それが自分のやりたいビジネスであり、大きな成功をしなくてもよいのであれば問題がないのであろうが、仮に大きな計画やキャリアステップの願望(自分のVCを作る等々)があった場合、成功でもなく失敗でもない状況は、どこで足抜けをするべきなのか、見切りが付きにくいため、多くの起業家がキャリアの多くをそこで費やすことになりがちだとう。
Stanfordさて、すでに2年生の2学期目、冬学期も佳境を迎えているが、冬学期が終わる前に、そういえばしていなかった秋学期のお決まりの総括を。2年生の1学期目ということで、初めてほとんどの科目が選択となり、自分の取りたい科目をとれる上、各クラスが少人数になり、また1年目とは違った雰囲気となった。取った科目は、以下の6科目。


  ・Touchy Feely
  ・Accounting Based Valuation
  ・IT for managers
  ・M&A Issues
  ・Negotiation
  ・Organizational Learning


今回は3科目を「短期集中講義」という新しいスタイルで、1週間から2週間の期間で履修した。いずれもひとつのことに集中した方が効率のいい私のスタイルに合っていたため、学びやすかった。全体としては、本当に素晴らしい授業と、それほど期待にこたえてくれなかった授業がそれぞれあったという感じ。

・Touchy Feely: 満足度95点
ビジネススクール素晴らしかった、の一言。スタンフォードの名物授業の一つで、すでに以前細かく書いたので再度は書かないが、少人数で徹底してお互いの感情について理解しあう演習形式の授業。2週間の集中授業で、毎日7時間半、かつ週末も海の家にこもっての徹底授業。最近この授業で一緒に学んだクラスメートたちと再びreunionを行ったが、本当に心を許せる友達も作ることができ、満足度は最高。ただ、2週間で非常に濃厚だったため、「素晴らしい」と言われているリーディングのいくつかをこなせなかったのが残念。それらは、春休みにぜひ読みたいと思っている。

・Accounting Based Valuation: 満足度85点
バリュエーションの授業。非常にオーソドックスな形で、財務諸表からスタートしていかに公表データを中心にしてバリュエーションを行うか、という視点での授業。基本的にケース&講義のミックス形式で、毎週グループでアサインメントを提出する。焦点は、ストレートフォワードなバリュエーションのみでなく、具体的な数字の探し方、エマージングエコノミーや急成長企業でのバリュエーションの仕方等、応用&実践的なところに重点を置いている。教授の教え方が非常にうまかったため、身に付いたものが多かった。

・IT for managers: 満足度60点
こちらは期待外れ。今期唯一の必修授業で、テクノロジーについて教えるということで、シリコンバレーにあるスタンフォードならでは授業を期待していたのだが、これまた私が基礎コースを取ったからだろうか、教授もそれほどよくなく、IT絡みのケースを議論する通常のコースで、それほど目から鱗が落ちるようなことはあまりなかった。ITに関して議論する、普通のコースという印象であった。

・M&A Issues: 満足度60点
In ClassM&Aに関わる法律的、税務的、会計的な問題を取り扱う1週間での短期集中授業。ちょうどその週、もう一つの短期集中授業と予定が重なってしまっていたため、あまり予習できず、その結果消化もあまりできなかった。法学部出身ではあるのだが、法律も読む分量が多く、ちょっと消化不良気味のまま授業を終了。。。

・Negotiation: 満足度80点
交渉に関する、演習を中心とした授業。セオリーを授業で復習・学習し、それを実践のネゴシエーションの演習でそれぞれ実践、結果を議論する。1回の授業が3時間と長く、そのうち1時間半は毎回演習に使う内容。以前このブログにも書いたが、西洋式のロジカルな交渉術を学ぶメリットを感じた。また、世界のいろんなところから来る学生の、倫理観の違いや、交渉スタイルの違いから学ぶことも多かった。

・Organizational Learning: 満足度75点
こちらも以前すでに書いたが、組織がいかに学習するかという授業。1週間での短期集中講義で、組織が学習をしそこなうパターンやケースの学習などを、頭の体操のような演習を使いながら学んでいく。内容はそれほど濃厚ではなかったが、おもしろい授業であった。
談笑する学生気がつけば2年生も半ばに差し掛かり、留学生活もあと4か月ちょっとである。勉強に励み、趣味に励み、交友に励み、カリフィルニアの太陽を楽しむことができるのもあと少しである。さて、スタンフォードで授業をとれるのもあと残り1学期。大事に、なるべく沢山自分の勉強したい科目を履修したいと思う。

スタンフォードビジネススクールと言えば、ジェネラル・マネージメント教育が強みだとよく言われる。特にシリコンバレーの中にあるという立地柄、アントレプレナー教育が強いといわれることが多い。ところが実際に中から見てみると、学生が取りたがる人気授業のリストは、必ずしもジェネラルマネージメントがらみだけでなく、Organizational BehaviorやFinanceも非常に強いということが見えてくる。以下がスタンフォードで取るのが難しいといわれる名物授業のリストの一部である。

Strategy科目:
Managing Growing Enterprises (Grousbeck)
企業を運営・成長させていく上でマネジメントが直面する「実務上」のリアルな課題をいかに解決していくかを、理論ではなく、実践的に教えていこうとするクラス。毎回授業に百戦錬磨のビジネスマンを招き、生徒とのリアルタイムのロールプレイを通じて学んでいく。

Entrepreneurship and Venture Capital(複数教授)
起業について、起業側および投資側(ベンチャーキャピタリスト)について、それぞれ理解を深めていく授業。毎回授業にベンチャーキャピタリストや起業家が参加し、彼らの視点を提供してくれる。特に投資側について重点的に理解を深めていく。

Formation of New Ventures(Saloner)
ベンチャーのステージごとに、どのようなことをして、どのようなことに気をつけなければならないのかを、ケーススタディとケース当人との生の議論を中心に学んでいく。毎回スタンフォード卒業生の有名ベンチャー起業家を呼び、授業のあとには抽選でスピーカーとのランチセッションに参加できる。このクラスから巣立った有名起業家は数多い。

Finance科目:
スタンフォード 校舎にてInvestment Management & Entrepreneurial Finance(McDonald)
ファイナンスの大御所による投資論の授業。実際のモデリングと、ゲストスピーカーによる講演とを並行して実施。授業の準備にかかる時間は半端ないとか。ただ、バンカーやPE、VC経験者などファイナンスバックグラウンドの人が押し寄せて取ろうとする人気講義。


Financial Modeling(DeMarzo)
バリュエーションをはじめとするファイナンスの各種実務作業を、少人数で徹底して指導していくトレーニング型授業。授業というより、徹底したトレーニングというイメージ。投資銀行バックグラウンドでない人にとって、アナリストのような経験をする意味では格好の授業。

Organizational Behavior科目:
Interpersonal Dynamics(通称Touchy Feely)
人間関係の在り方や築き方、人間に対する理解を、少人数による濃密な心理学的セッションによって煮詰めるように経験していく体験型授業。授業では多くの学生が涙を流すという名物授業。

Leadership Perspectives(O'Reilly/Peterson)
リーダーシップの在り方と、自分に適したスタイルを、毎回ゲストとの生の議論、および少人数グループでの学生間での密な議論を通じて考えていく。世の中の立派なリーダーと、ビジネスに留まらない価値観やワーク・ライフバランスについても徹底して議論ができる授業。

High Performance Leadership(Bradford)
効果的なリーダーシップの在り方、また組織の中での効果的なリーダーシップの発揮の仕方を、ゲストとの生の議論、および少人数グループでの議論を通じて考えていく。上記の授業よりも、よりいかに組織の中でうまくまわりを活用してリーダーシップを発揮するか、といった視点が強く織り込まれている。

The Paths to Power(Pfeffer)
リーダーに上り詰めるために必要な社内政治の処し方や権力の身につけ方を、過去の成功・失敗事例の研究、パーソナルコーチとの1対1のセッション、小グループでの密な討論などを通じて理解・体得していくことを目指す授業。毎回著名な人物を2名ずつ勉強し、彼らの処世術を研究していく。


ビジネススクールの中庭並べてみて気づくのは、意外にFinanceやOrganizational Behavior系の名物授業が多いということ。Financeについていえば、シリコンバレーという土地柄、多くの投資家がスタンフォード周辺に集結しているので、理解はできる。また、OBが強いという点も、スタンフォードの受験エッセイの名物問題「What matters to you most, and why?」からもうかがえるように、将来のリーダーとしてハードスキルだけでなく、対人能力や社内政治の処し方といったソフトスキルを重要視している面がうかがえるかと思う。

名物授業以外にも素晴らしい授業は多いが、取れる授業数が限られている故、すべてを取ることは到底不可能だ。既に私はこのリストの中からは、Formation of New Ventures(現在履修中)、Interpersonal Dynamics(通称Touchy Feely。先学期履修)、The Path to Power(現在履修中)の3科目を幸運にも取ることができている。いずれも素晴らしい授業で、満足度は高い。

来学期は、名物授業の一つである、Managing Growing Enterprisesを履修できることが既にもう決まっている。また、Financial Modelingも履修できるよう、挑戦してみるつもりだ。授業に交友に趣味に、欲張りのまま残りの4か月を過ごしてきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。